線維芽細胞を増やす!幹細胞配合の化粧品の驚きの効果は!

顔のシワ

『シワは顔の年輪』といいますが、美容の観点からは望ましいものではありません。

年齢と共に女性の頭を悩ませるのは、お顔に出来ていくシワ。

そして重力に逆らえなくなって生じるたるみです。

 

赤ちゃんの頃は、誰もがピカピカつるつるのお肌をもっていました。

それが、お婆ちゃんになると、お顔全体がシワシワになってしまうのはなぜでしょうか。

そして、同じ年齢でもシワの多い人もいれば、少ない人もいます。シワやたるみは、どのように生じるのでしょうか。  

 

 

私たちのお肌の土台を支えているのは、真皮です

真皮は、お肌の一番表面にある表皮の奥にあります。

お肌のハリや弾力の元となるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸はこの真皮に存在しています。

 

 

これらの成分が十分量存在して真皮が健やかな状態であれば、ハリと弾力のあるお肌が保たれます。

逆にこれらの成分が肌からなくなることで、たるみ、シワの原因になってしまうわけです

 

真皮には、さらに線維芽細胞という細胞があり、これがコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出しています。

しかし、線維芽細胞は歳を取るとともに、その能力が低下していきます。

その結果、繊維芽細胞から生み出されるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の量も減少してしまいます。

お肌をシワやたるみの無い状態に保つには、繊維芽細胞にしっかり働いてもらう必要があります。  

 

コラーゲンの化粧品やドリンクの効果は?

 

減少していくコラーゲンを補うために、コラーゲンを配合した化粧品が有ります。

失われていく真皮の成分を化粧品で外から補うことができたら、お手軽ですし理想的な方法と言えますよね。

 

しかし残念ながら、この方法はなかなか上手くいきません。

なぜなら、皮膚には分子量の大きな成分を通過させない性質があるからです。

 

そして、コラーゲンは非常に分子量の大きな成分だからです。

 

コラーゲンは保湿作用もあるので、お肌の表面でも保湿成分としては働いてくれます。

しかし、表皮の奥にある真皮まで到達して減少したコラーゲンの代わりに働いてくれることは、ほとんど有り得ません。  

 

 

外側からの到達が出来ないのであれば、内側からとコラーゲンを配合した美容ドリンクも各社から発売されています。

コラーゲンは栄養価の高い成分であるので、身体によいことは間違いないでしょう。

しかし、ドリンクに含まれているコラーゲンが、真皮に到達する可能性はほぼゼロです。

 

なぜなら、コラーゲンはアミノ酸の塊だからです。

 

アミノ酸は、胃や腸を通るうちに分解されてしまいます。

一度分解されたコラーゲンのアミノ酸が、身体の中で再びコラーゲンとして作り直されるかどうかは分かりません。

 

コラーゲンは、通常の食品で摂取できる特に珍しくもないアミノ酸を組み合わせて構成されています。

なので、コラーゲン入りドリンクを飲んでも、体内のコラーゲン量が増える保証はありません。  

 

結局、真皮のコラーゲン量を増やすためには、コラーゲンを作る源である繊維芽細胞に働きかけるのが一番の近道となります。

幹細胞エキスとは

この線維芽細胞を活性化させる成分として、最近注目されているものがあります。

それが、幹細胞エキスです。『幹細胞』という言葉は聞いたことが有るのではないでしょうか。

 

京都大学の山中教授がノーベル賞をもらったiPS細胞。

この日本語訳が「人工多能性幹細胞」です。

私たちの身体は、もちろんお肌も含めて、日々新しい細胞に生まれ変わっています。

 

たとえば、ニキビが出来ても、時間が経てば分からない程まで回復しますよね。

夏に真っ黒に日焼けしても、いつまでも黒いままではなく、だんだんと元々の顔色に戻りますよね。

これを“新陳代謝”といいます。

 

『幹細胞』とは、この“新陳代謝”を司っている大切な細胞です。

私たちのお肌でコラーゲンを生み出す線維芽細胞も、真皮に存在する幹細胞から生み出されています。

今、化粧品の成分として植物から抽出した幹細胞エキスが利用され始めています。

例えば)

モロッコの希少植物アルガンツリーの新芽から取れる幹細胞エキス。

アルガンツリーは、別名「鉄の木」と呼ばれ、モロッコの砂漠地帯に生息しています。

7年雨が降らなくても枯れない、非常に生命力の強い植物です。

そんな強靭な樹木でこれから新たな葉を展開していく新芽。

その新芽から摂取したエキスに、幹細胞を元気にする濃密な成分が含まれていることは容易に想像できますよね。

 

このエキスは、人のお肌の真皮に存在する幹細胞に栄養を与え、活性化させる作用があります。

 

その結果、お顔のシワを改善する効果が生まれます。

 

また、リンゴ幹細胞は「腐らないリンゴ」として知られるスイスの希少なリンゴの植物幹細胞を抽出したエキスです。

このエキスに用いられるリンゴは、“ウトビラー・スパトラウバー”という品種で、なんと4か月もの間鮮度を保つことが出来ます。

 

幹細胞の寿命を延ばし、細胞の老化を防ぐ力が非常に優れているのです。

このリンゴから抽出された幹細胞エキスは、人のお肌に存在する表皮の幹細胞に働きかけて、お肌本来の再生能力を助けます。

 

お肌の表皮細胞を保護して紫外線などの外部刺激から細胞を守ったり、シワを目立たなくさせたりする効果が知られています。

そのほかにも、ブドウの幹細胞、コンフリーの幹細胞、ライラックの幹細胞・・・・など様々な植物の幹細胞エキスの研究が進んでいます。

私たちのお肌に存在する幹細胞、線維芽細胞は年齢と共にその能力が低下してしまいます。

 

不規則な生活習慣やストレスが加わると、さらに速いスピードでこれらの細胞が衰えます。

加齢によるお顔のシワやたるみの原因を辿ると、すべては細胞から始まっているのです。

それは裏を返せば、根本原因である細胞を活性化出来れば、お肌をフレッシュな状態に保てるということです。

自然を逞しく生きる植物の力を賢く利用して、お肌本来の力を取り戻しましょう。そして、シワやたるみの無いお肌を目指しましょう。

 

オススメは【エトヴォスのバイタライジングライン】です。

線維芽細胞を活性化するリンゴ幹細胞エキス配合の化粧品+ヒト型ナノセラミドが5種類!これだけ贅沢な商品はなかなか見つかりません!

私も愛用しているので詳しいレビューはコチラ

 

目の下のシワに悩んでるアラフォー必読

コメントは受け付けていません。