ニベア青缶の実力は!乾燥肌やシワの予防には効果があるのか・・

100円均一、コンビニ、スーパー、ドラッグストアー、デパート。

現代はさまざまな場所で、化粧品が販売されています。

 

女性にとって化粧品は、無くすことのできないものです。

デパートに並ぶ高級ブランドのテナント。

そこでは、パッケージからして特別な雰囲気を醸し出している化粧品が並んでいます。

 

それらを横目に見ながらも、実際はドラッグストアーでなるべく値段は抑えて美肌効果の高い化粧品を探すことに日々奮闘している女性が多いのではないでしょうか。

 

毎日必ず使うものだからこそ、コストパフォーマンスが重要になりますよね。

 

コストパフォーマンスの優等生と言えば、ニベアの青缶が思い浮かびます。

169gのスキンケアクリームが1000円以下で買える。

これで美肌効果が期待出来るのなら、見逃す訳にはいきません。

 

ニベアの青缶は歴史のある化粧品でもあり、何だかお肌にも良さそうな印象があります。

さて、実際はどうなのでしょうか。

ニベアの青缶の効果は

ニベア青缶

ニベアはシワの予防と対策に効果が高いのか!?

この観点からニベアの青缶の評価をまとめていきたいと思います。

 

ニベアの青缶がコスパの優等生と言われる背景には、ある一説があります。

「ニベアの青缶は高級化粧品クレーム・ドゥ・ラ・メールとほぼ同じ成分である」というものです。

 

クレーム・ドゥ・ラ・メールはドゥ・ラ・メールというブランドの商品です。

 

セレブリティ御用達ブランドとして世界中で愛されている化粧品であり、日本でも多くの賞を受賞しています。

 

公式オンラインショップでは30mlで20000円弱の価格で販売されている、かなり高額な化粧品です。

 

30mlと言えば、ペットボトルの蓋3つ分です。

そんな量で20000円弱のお値段を取る化粧品がニベアの青缶と同じ成分である。

驚き

これは、にわかには信じがたい話ですよね。

 

しかし実際に成分を比較してみると、ニベアの青缶とクレーム・ドゥ・ラ・メールは驚くほど似通っているのです。

 

水、ミネラルオイル、水添イソポリブテン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール・・・・・・。

 

クレーム・ドゥ・ラ・メールに配合されている成分トップ10のうち7種類は、ニベアの青缶と同じ成分です

 

一番大きな違いと言えば、クレーム・ドゥ・ラメールにはブランドの売りである褐藻エキスが入っているという点です。

褐藻エキスには細胞を活性化させる効果が有ると言われています。

 

しかし、クリームの色からして、劇的な効果をもたらす程の配合量は無いと予想されます。

両者はほぼほぼ同じ効能と考えて良いでしょう。(私の見解)

 

それでは、

ニベアの青缶は数百円で数万円する高級クリームと同じ効果が得られる“もの凄い化粧品”なのでしょうか。

 

残念ながら、そうではありません。

 

ニベアの青缶もクレーム・ドゥ・ラメールも保湿化粧品としての性能はさほど高くありません。

 

両者とも、ベースはミネラルオイルです。

 

これは、非常に安定性が高く酸化の心配が少ない油状基材です。

 

よく言えば、潤滑性が良い。

悪く言えば、ベタベタしやすい。

そんなクリームです。

 

お肌の表面で皮膜を作り、内部からの水分蒸発を防いでくれます。

 

しかし、お肌の内部へ働きかけたり、乾燥肌を根本から改善したりするような効能は見込めません。

まとめ

ニベアの青缶は、クリームの機能として第一に求められる保湿効果がある程度見込めます。

しかし、それは価格に見合う程度かプラスアルファくらいです。

お顔のシワ予防と対策、にはあまり大きな効果は期待出来ません。

 

本格的な乾燥肌・シワ対策には、お肌の内部に働きかけるセラミド配合や幹細胞エキス配合の化粧品が理想です。

>>幹細胞エキス配合の化粧品はコチラ<<

ニベアの青缶はボディクリームとして乾燥しているパーツに使う分には、持ち運びしやすい上に可愛いパッケージなのでオススメですね。

用途に見合った使い方をしましょう。

目の下のシワに悩んでるアラフォー必読

コメントは受け付けていません。