隠すより、保湿で消したい!目元の細かいちりめんジワ!

ちりめんシワ

顔の目の周りに出来る細かいシワをちりめんジワといいます。

ちりめんシワが出来やすい場所は、目元の下から目尻にかけてできやすいシワなんです。

ちりめんジワは浅く細かいシワなので、出来初めの状態では、鏡に近づいてじっと自分の顔を見つめないと気が付かないくらいです。

そうなると自分で意識しないまま、ちりめんジワが深いシワにまで進行してしまう恐れがあります。

「なんだか目の周辺にシワが出来てる!」

そう自分で気がついた時には、すっかり深いシワがお顔に定着してしまっていた。

なんてことも有り得ます。

ちりめんジワが深いシワになるのを防ぐには、目元への適切なスキンケアを行う必要があります。

ちりめんシワが出来てしまうのでしょうか?

大きな原因は目の周り乾燥です。

ちりめんシワは乾燥で出てしまうシワといってもいいでしょう。

それでは、なぜ目元は乾燥するのか?

まず、目の周りの皮膚は頬の皮膚の厚さの1/3程度しかありません。

肌が乾燥しないように肌の水分を保持している角質層も0.02mしかありません。

そして、皮脂線も少なく、皮脂が少ない。

(皮脂は肌の天然脂クリームともいわれています)

 

顔の中で最もデリケートな場所といっていもいいわけです。

メイク用具

そこに毎日のように入念なメイクをし、それを落とすクレンジグ、洗顔!

これを毎日のように行えば乾燥しないわけありません

 

こう考えてみ見るとちりめんシワが出来てしまって当然!

そのように思えていきます。

 

ちりめんシワは解消できる!

ちりめんシワを隠そうとファンデーションを濃くし、隠そうとすればするほど、目立ってくるものです。
夕方になれば、シワはファンデが入り込んで醜い状態に!
そんなこと私がありました^^;

シワを隠そうと化粧が濃くなる!シワが深くなれば更に化粧が濃くなる!このループです。

いつのまにか厚化粧のオバサンに!

これが一番避けたいことではないでしょうか?

 

目の周りのちりめんジワを解消するためには、適切な保湿ケアを行うことが大切です。

目の周りを保湿する際は、セラミド配合化粧品が適しています。

セラミドはお肌の角質層にもともと存在する成分です。

このセラミドを補うと、お肌の水分が外へ逃げてしまわないようにしっかり捕まえてくれる効果があります。

洗顔後にきっちりセラミドで保湿するこで、お肌のバリア機能も担っています。

 

セラミドがお肌に十分量あると、

外部からの刺激を抑制し、

アレルギー物質の侵入を妨害してくれますセラミド配合化粧品は色々なメーカーのものがあります。

数多くあるセラミド配合化粧品の中でも、ちりめんジワを解消するオススメなのはエトヴォスのモイスチャーラインです。

 

オススメする理由にも根拠があります。

 

この化粧品は、ヒト型セラミドというお肌に浸透しやすいセラミドを配合しています。

さらに、

効果なセラミドをセラミド1、2、3、5、6Ⅱと5種類も使用しています。

そして何より、敏感肌の方でも使えるような低刺激処方になっています。

目の周りは乾燥しがちで、乾燥が進行すうことで赤みを出てきたり、敏感になりがちです。

お肌を優しく保湿しつつ外部からの刺激も和らげてくれる「エトヴォスのモイスチャーライン」が私の一押しです。

セラミドをたっぷり配合!

モイスチャーラインのレビューはコチラ

目の下のシワに悩んでるアラフォー必読

コメントは受け付けていません。